おのなびPR全件表示 | おのなびPRについてのご案内はこちら

観光地・施設をキーワードで探す

ホーム > 第7回おのみち俳句まつり・入選作発表!

第7回おのみち俳句まつり・入選作発表!
第7回おのみち俳句まつり・入選作発表!
千光寺公園 応募状況
過去の入選作品を見る
第1回第2回第3回第4回第5回第6回
第7回第8回第9回第10回第11回第12回
 
2013年度入選作品の一覧PDFをダウンロードできます。 入選作品一覧をダウンロードする
第7回おのみち俳句まつり協賛企業
アイ・オフィス・サービス OA機器やオフィス用品のことならなんでもおまかせ0848-20-5151
尾道合同タクシー 尾道の観光タクシーは尾道合同タクシーへご用命ください 0848-22-2805
株式会社 鉄道広告 交通広告から販促・企画まで宣伝販売活動をトータルサポート
平山郁夫美術館 日本画家・平山郁夫の生地に建つ美術館。平山芸術の原点に会える
(有)メディアジャンクション ホームページ制作・ウェブシステム制作・各種デザイン。
一般の部

ぼんぼり (尾道市長賞)
一湾を水鏡とし島桜
原田 町子 (広島県)
ぼんぼり (尾道商工会議所会頭賞)
惜春や膝折り曲げて芙美子像
武井 猛 (埼玉県)
ぼんぼり (尾道観光協会会長賞)
渦に入り渦を抜け出す花筏
錦 武志 (広島県)
おのみち俳句まつり入選作品 一般の部

【ア~オ】

防人の島しろたへのさくら満つ
愛甲 厚子(福岡県)
尾道の坂は花道さくら散る
青木 美佐子(千葉県)
笠智衆座してゐるやも桜の夜
秋草 美俊(群馬県)
水軍の島一望に桜東風
秋元 恵子(広島県)
逝きし君さくら咲きても逝きしまま
有坂 馨園(福島県)
競ふともゆづりあふとも花筏
安養寺 美人(埼玉県)
羽ごろものごとく舞ひ立つ花吹雪
飯田 酔亥(徳島県)
鐘の音や海へ傾く花の山
飯塚 やす子(大阪府)
どこまでが雲どこからが花の雲
池田 忠山(神奈川県)
老幹の一花一語のごとくなり
池田 律子(広島県)
ぼんぼりを巡り巡りて花疲れ
石井 由起子(広島県)
桜鯛仲買人の声はずむ
石川 謙蔵(愛媛県)
幹を誉め枝ぶりを愛で花の客
石田 博子(広島県)
寄り添ふと見れば離れて花筏
石津 裕美(広島県)
百選の夜景眼下に花の山
石橋 万寿(東京都)
手を引きて夜桜の坂遠回り
石原 研(広島県)
パレットに溶く海の色花の山
市川 稲舟(埼玉県)
カフェに待つ花雪洞の点るまで
伊藤 宇太子(東京都)
花の雨寺々むすぶ石畳
伊藤 三郎(東京都)
初蝶や小学校は丘の上
伊藤 妙(東京都)
花ふぶき神の狼藉かも知れぬ
梅田 ひろし(埼玉県)
花を待つこころは人を待つこころ
江川 和彦(東京都)
ランドセルかたかた鳴つて花吹雪
荏原 やえ子(神奈川県)
でべら干す潮の匂ひの東風の中
大石 祥(広島県)
木の椅子に体をあづけ花疲れ
大田 利栄(広島県)
紺青の空より湧いて花吹雪
岡田 真利子(広島県)
花筏潮入川をさかのぼる
尾熊 靖子(広島県)
海沿ひのホテルの巨船めく春灯
織田 正子(広島県)

【カ~コ】

美しき風の生まれて散るさくら
梶田 敬子(広島県)
瀬戸おぼろうしろ姿の笠智衆
柏村 二三子(広島県)
浦に佇みて引鳥数へけり
梶本 泰子(広島県)
世の隅に愚直に生きて花筵
加藤 浩(広島県)
廃校の窓に満開桜かな
金澤 萬里(山口県)
春風や鞄にのぞく介護本
金光 紀代子(山口県)
ぼんぼりに灯の入るを待ち花の山
加納 千女(広島県)
入口に眠る恋猫キネマ館
加美 明美(大阪府)
花見客英語中国韓国語
岸下 庄二(兵庫県)
花吹雪すぎて空より一二片
木嶋 政治(山口県)
わたなかの都へとどけ花吹雪
北川 たみ子(京都府)
水道の目覚めうながす朝桜
北村 礼子(広島県)
制服の肩にひとひら花吹雪
吉川 梅子(東京都)
海へ開け放したるかに花の山
木村 麻利子(千葉県)
微笑みのユダもゐるらむ花の山
草野 准子(東京都)
堰に来て水のなめらか花筏
久保山 満末(東京都)
ふり向けば瀬戸の島並み花曇
河内 徹(滋賀県)
うららかや上り下りの船の水脈
郷坪 敏幸(広島県)
花吹雪潔きかな早瀬川
古志 隆彦(広島県)
進水の船を祝ひて花吹雪
後藤 久(広島県)

【カ~コ】の続き

一日の退院許され花を愛づ
近藤 好廣(京都府)

【サ~ソ】

花の夜や停泊船の灯のこぼれ
榊原 越子(広島県)
出港の船を見送る花ふぶき
佐藤 隆道(広島県)
憲吉の終焉の地も花の中
佐藤 三重子(広島県)
亀鳴くや百寿の母の口達者
佐山 昭雄(東京都)
坂道の急なるを過ぎ花の山
重松 早由未(広島県)
老桜の幹に幼のかくれんぼ
実井 節子(広島県)
飛花落花黒板塀の内と外
崎 加代子(埼玉県)
太鼓岩叩く童に花吹雪
下江 京子(広島県)
鍬の手を休めて桜吹雪の中
将口 和子(大阪府)
曳き売りの小魚はねて朝桜
菅沼 儀忠(新潟県)
助走して子等の跳び越え春の泥
菅谷 貞夫(千葉県)
憲吉の旧居に避けて春時雨
杉原 美穂子(広島県)
休み田を均して農具市開く
鈴木 憲一(和歌山県)
春光をまとふ運慶仁王像
首藤 知茂(東京都)

【タ~ト】

おぼろ夜の灯りこぼして舫ひ船
高卯 石男(広島県)
御朱印をいただく列に花吹雪
taka杉 光昭(静岡県)
花とぼんぼりにさそはれ千光寺
taka梨 一重(大分県)
急がざる落花筏を組みてより
taka橋 悦子(千葉県)
反芻の牛の涎や日脚伸ぶ
田上 一夫(沖縄県)
川風に抗ふさくら散るさくら
taka山 桂月(福岡県)
車座に飛び交ふ華語や養花天
竹下 章文(愛媛県)
遠足の声の駆け込む大手門
武友 朋子(和歌山県)
囀りや門前町のまだ覚めず
竹中 義信(東京都)
折り返し点の走者に花吹雪
田中 隆(東京都)
かへりみるときも散りつぐ花の山
谷 和子(神奈川県)
一山の揺るるばかりに花吹雪
谷口 一好(神奈川県)
青空の少し緩みて桜咲く
田村 祐巳子(広島県)
のびやかに海へ山へと花吹雪
近澤 幸惠子(埼玉県)
風の出て意のままならぬ花筏
辻 幸子(和歌山県)
浄土とはかくのごときか花吹雪
常澤 俶子(兵庫県)
猫は目を緩やかに閉ぢ春の昼
歳谷 美智子(広島県)
ロープウェー吸ひ込まれゆく花の雲
富永 美智子(東京都)
西行の桜と思ひ仰ぎけり
友田 しげを(東京都)
海中の都めざすか花筏
友宗 誠(広島県)
春風と背負子乗り込む始発駅
寅屋 照夫(兵庫県)

【ナ~ノ】

参道は浄土さながら花月夜
中尾 茉莉子(東京都)
鐘一打一打に散りて夕ざくら
永島 文江(神奈川県)
残雪の縁取る湖の青さかな
中島 優子(東京都)
春の雪郵便受の文字かすむ
長瀬 遊頭(神奈川県)
境内に猫集ひ来ぬ花の昼
永田 桃花(長崎県)
海風の煽るごとくに花吹雪
中村 須賀子(広島県)
どの坂も花の山へと誘へり
名木田 純子(岡山県)
流水の意に添ふごとく花筏
二井谷 喜美(広島県)
青空が好き海が好き花吹雪
西口 東治(大阪府)
花人のあふれて傾ぐ渡し舟
野間 芙奈子(広島県)
休校のグランドを抜け春一番
野村 露子(千葉県)

【ハ~ホ】

紅ほのと付けて卒寿の花見かな
羽立 和子(埼玉県)
山風に乱心のさま糸ざくら
馬場 公江(福岡県)
美術館へと朝日さす花の山
浜田 池鶴子(広島県)
花の窓みな開け放ち新学期
林 すみ(広島県)
進水の船を見送る花吹雪
原田 佳奈(広島県)
裸婦像の乳房ゆたかに花吹雪
原田 道枝(広島県)
ロープウェーゆれも一興花ふぶき
原山 京子(広島県)
ひかり浴ぶるがごとくにさくら吹雪かな
日比野 さき枝(広島県)
花どきは誰も花人港町
平井 清香(広島県)
行商の荷物に落花渡し舟
平井 禮子(広島県)
花の寺思はぬ人と出逢ひけり
廣中 日出子(広島県)
上下の座たちまちくづれ花筵
深津 一葉(和歌山県)
さくらさくらさくらさくらや千光寺
福岡 悟(東京都)
路地を出るといふことなくて花の塵
福場 朋子(広島県)
よく笑ふ八重歯の姉妹さくら草
藤井 博子(広島県)
おみくじは待ち人来たる花の山
藤田 克弘(山口県)
鶯や島の学校閉ぢしまま
藤谷 知子(広島県)
車座の輪の広がりて花の山
藤原 貢太郎(秋田県)
じやんけんぽん路地の奥まで花吹雪
保理江 順子(兵庫県)
潮の香の川さかのぼる春の昼
堀野 一郎(静岡県)

【マ~モ】

のどけしやどの路地からも海ひらけ
松井 多嘉子(広島県)
島と島つなぐ大橋桜まじ
松原 英明(広島県)
水道は船のみちなり風光る
三島 敏恵(広島県)
華やかに水道めざす花筏
三嶋 八千穂(大阪府)
花吹雪天へ捧ぐるごとく舞ひ
宮地 タマコ(広島県)
坂道のまどろむ猫に花吹雪
宮前 智恵美(広島県)
山仰ぎ谷見降ろしてさくらかな
村尾 松籟(広島県)
人に馴れ鳥も遊ぶや花の寺
村越 正和(広島県)
星々は出るをためらひ花の山
村重 香霞(愛媛県)
石仏の肩にもしきり花吹雪
盛谷 慧子(広島県)

【ヤ~ヨ】

春一番一木一草みな躍る
矢崎 たかし(宮城県)
ゴンドラのふんはりと着き花の山
矢野 真緋子(広島県)
花に酔ひ花に疲れて坂下る
山県 章宏(岡山県)
花冷えや文学の道たもとほり
山本 多津子(東京都)
ささ舟のゆくへをはばむ花筏
湯川 和賀子(広島県)
赤堂の梵鐘ひびく夕ざくら
吉田 光山(広島県)
この道もあの道も坂桜狩
吉田 達子(広島県)
ぼんぼりの一本道や花の山
葭谷 健一郎(神奈川県)

【ワ】

西行の降りて来さうな花の坂
若本 鴻遊(広島県)
あたたかや街弓なりに海に沿ひ
若本 繁子(広島県)
風いつもどこかにうけて糸桜
脇 千英子(鹿児島県)
造船の閃光しきり島霞む
脇 美恵子(広島県)
緩やかに町うごき出す朝桜
渡辺 時子(神奈川県)
夕べには身になじみきて花衣
渡辺 真奈美(福岡県)
おのみち俳句まつり特選作品 小中学校の部
たんぽぽが赤ちゃん生んでわたげとぶ
有木 七虹(尾道市立原田小学校 四年)
さくらもちお口に春をむかえたよ
taka垣 こずえ(尾道市立日比崎小学校 三年)
残雪が朝の日ざしで宝石だ
藤岩 秀斗(尾道市立日比崎小学校 五年)
花びらは小さなヨット春の川
簀戸 さくら(尾道市立日比崎小学校 六年)
子すずめが親につられて空を飛ぶ
吉宮 侑希(尾道市立向島中央小学校 四年)
春の空雲と雲とがおにごっこ
金森 ひかる(尾道市立向島中央小学校 五年)
春の風外においでと戸をゆする
長谷 知春(尾道市立吉和小学校 六年)
友達と手と手をつなぐさくらんぼ
吉田 美夕(川越市立福原中学校 一年)
悲しみを吹き飛ばしゆく花吹雪
森 公乃(川越市立福原中学校 一年)
鉛筆が眠つてしまう春の午後
貞松 菜々子(川越市立福原中学校 二年)
ドリブルで三人ぬいて春の風
藤方 柊(佐倉市立根郷小学校 二年)
口ぶえをいっしょにふきたいうぐいすと
日置 拓武(佐倉市立根郷小学校 二年)
夜桜に映える朱塗りの千光寺
寺杣 夏音(広島大学附属東雲中学校 一年)
春雨の石の細道傘かしげ
山根 和也(広島大学附属東雲中学校 二年)
さいているさくら千本山の上
岡本 行弘(三原市立鷺浦小学校 三年)
sp
ぼんぼり

(学校賞)

佐倉市立根郷小学校 (千葉県) 広島大学附属東雲中学校 (広島県)
sp
過去の入選作品を見る
第1回第2回第3回第4回第5回第6回
第7回第8回第9回第10回第11回第12回
 
2013年度入選作品の一覧PDFをダウンロードできます。 入選作品一覧をダウンロードする
おのたび
お買いもの
 

≪尾道をもっと楽しむ≫

≪サイクリング情報≫

≪イベント情報など≫

ピックアップ観光スポット

オススメ!★★★「兵どもが夢のあと」。日本遺産に認定された「村上海賊」の足跡を探しに出かけてみよう。

  • 鳴滝山(瀬戸内海国立公園)
    〔尾道エリア〕

    鳴滝山(瀬戸内海国立公園) 尾道と三原の境に位置している、標高は402mの鳴滝山を中心とした一帯に散策道や展望台が整備...
  • 因島公園
    〔しまなみ・百島エリア〕

    因島公園 因島の南に位置する天狗山(207m)一帯が公園となっています。春は1000本もの桜、秋は紅...
  • 因島水軍城
    〔しまなみ・百島エリア〕

    因島水軍城 日本遺産に認定された「村上海賊(村上水軍)」の貴重な資料を展示した、日本で唯一の水軍城。 ...

尾道ファン!

ページ先頭へ戻る

一般社団法人尾道観光協会
◆事務局:〒722-0036 広島県尾道市東御所町1-20 JB本四高速尾道ビル1F 電話 0848-36-5495 FAX 0848-22-2201

尾道観光協会