お知らせ

新型コロナウイルスの影響により、掲載情報に変更が発生する可能性があります。ご利用の際は各施設のホームページなどで最新の情報をご確認いただきますようお願いします。

おのなびのおすすめ

おのなびPRについてのご案内はこちら

イベントカレンダー

イベントカレンダー

Event Calendar

かき小屋 尾道店

Information

  • 尾道
日付
2021年10月28日(木)~2022年3月31日(木)
開催時間
11:00~15:00
17:00~21:00(ラストオーダー20:00)

火曜日・水曜日定休(祝日の場合は営業)
開催場所
カキ小屋尾道店
(駐車場 大型バス2台、普通車20台以上)

グーグルマップで見る

住所
尾道市山波町298-1
内容
冬の風物詩「かき小屋尾道店」が今年も尾道市山波町にオープンしました。
毎回好評の「昼定食」、魚介類やフランクフルトなどの幅広いメニューを取り揃えています。
新鮮、安全な基準をクリアした広島県産牡蠣をお楽しみください。
料金
●昼定食 700円~1,000円
●ばら牡蠣食べ放題
  中学生以上 2,800円
  小学生 2,000円
●ばら牡蠣詰め放題 4,000円
●酒類飲み放題 1,500円(90分)
               
等多くのメニューがあります。
お問合せ先
090-7990-5818(担当:井上)
関連WEB
クニヒロ㈱公式サイト
PDFファイル
かき小屋 尾道店 PDF(0.96MB)
補足情報
当日イベント

開催期間が1日の祭りやイベントです。この日限りの催し物です、ぜひお見逃しなく!
(イベントの名前・画像をクリックすると詳細ページがご覧になれます)

1月8日(土)
学校・公民館・地域で囲碁を学んでいる子供たちが集まり、日頃の成果を試すとともに交流と友情を深める大会を実施しています。9路・13路・19路クラスに分かれての囲碁大会、プロ棋士による囲碁教室等を予定しています。
西國寺「柴燈護摩(火渡り神事)
1月8日(土)
西國寺で元旦から行われる護摩の総仕上げとして行われる柴燈護摩。火渡り神事として知られ、まだ火の残る護摩の上を修験者や信者らが渡っていきます。
【開催中止】山波とんど行事(神明祭)
1月9日(日)
江戸時代の元禄年間より続くとんど祭。正月の神迎えの依り代(よりしろ)として用いられた注連飾りや門松などを燃やし、その炎や煙とともに再び天に歳神を送ります。
【開催中止】百島八幡神社「お弓神事」
1月16日(日)
嘉吉元年(1441年)の嘉吉の乱で敗れた赤松満祐の一族7人が百島に遁れて住み着き、敵の追討襲撃に備えて弓の稽古に専念したのが始まりと伝えられています。
射手には島内の3地区から計15名が選ばれ、15m先の直径60cmの的に向け太鼓の合図とともに次々と射的を行います。
大山神社「節分厄除祈願祭」
1月30日(日)
大山神社の春を呼ぶ伝統行事。
コロナウィルス感染対策として、今年は神事のみ行われます。(豆まき・餅まきはなし)
期間イベント

開催期間が期間にわたっての祭りやイベント情報です。
(イベントの名前・画像をクリックすると詳細ページがご覧になれます)

平山郁夫美術館「古都を描く」
10月1日(金) ~ 3月18日(金)
平山郁夫美術館「古都を描く」/平山郁夫美術館 しまなみ・百島エリア(瀬戸田)
シルクロードと併せ、ライフワークであった薬師寺玄奘三蔵院の大唐西域壁画を描き終えた後に、日本の古都である京都に目を向けた平山郁夫。
「私は京の町に限りない感謝と愛を込めて筆を執った。自分の生きた時代の京都を自分の手で描き残す。私はこのたびの作品を総称して「平成洛中洛外図」とした。」という作品を中心に展示されています。
なかた美術館「遠景の絵画」
10月9日(土) ~ 2月27日(日)
なかた美術館「遠景の絵画」/なかた美術館 おのみちエリア(市街地)
所蔵作品から19世紀以降のフランスや日本の画家たちが描いた風景画を紹介します。
山や渓谷など自然の眺め、建物など都市などの風景画を前に、時間や場所を越えて遠くへと誘われます。
尾道市立美術館「尾道市立美術館コレクション展 描かれた尾道水道」
11月20日(土) ~ 1月16日(日)
本展は、「描かれた尾道水道」をテーマに、小林和作、森谷南人子など尾道を代表する作家をはじめ、アーティストがこよなく愛した尾道水道を描いた作品が展示されます。
また協賛事業として、第15回平山郁夫美術館賞絵画コンクールで大賞・優秀賞・しまなみ特別賞を受賞した作品が展示されます。