お知らせ

新型コロナウイルスの影響により、掲載情報に変更が発生する可能性があります。ご利用の際は各施設のホームページなどで最新の情報をご確認いただきますようお願いします。

おのなびのおすすめ

おのなびPRについてのご案内はこちら

施設をさがす

SightSeeing

お寺・神社

観光協会会員

天寧寺〔曹洞宗〕(てんねいじ)

おのみちエリア

天寧寺〔曹洞宗〕
天寧寺〔曹洞宗〕
天寧寺〔曹洞宗〕
天寧寺〔曹洞宗〕
天寧寺〔曹洞宗〕

開山は普明国師と言われています。

境内山手には貞治6年(1367)に足利義詮が建立した国重文の塔婆(海雲塔)があり、この塔越しに見る風景は尾道を代表する風景としてたびたび登場します。なお現在は三重塔ですが、建築当時は五重塔であったと伝えられています。

またこのお寺の見どころとして外せない五百羅漢は全部で526体あり、それらは江戸時代の文化年間(1804~1824)から明治初期の約60年間をかけ寄進されたもの。どの顔も表情豊かで自分に似ている仏さまを見つけてみてはいかがでしょうか。

またこの五百羅漢の下は座禅堂になっていて、無料で座禅体験をすることができます。

春には見ごたえのある「しだれ桜」や「ボタン」が咲き誇る「花の寺」としても知られ、多くの花見客でにぎわいます。

尾道七佛めぐり」のお寺のひとつにも数えられています。

基本データ

最終更新日:2020-05-12

住所・場所
〒722-0033
広島県尾道市東土堂町17-29
電話番号
0848-22-2078
ホームページ
https://shichibutsu.jp/temple/tenneiji.php
駐車場
なし
営業時間
●座禅体験
《開催日》火・木曜日6:30~/日曜日7:00~
《所要》約40分
《定員》約25名
《料金》無料
《備考》事前にご予約ください
※時間外の体験は要相談
アクセス
JR尾道駅より徒歩15分
ロープウェイ山ろく駅」より徒歩3分
備考
【主な見所】
・海雲塔〔三重塔〕(国重文)
・五百羅漢
・座禅体験
・賓頭盧(びんずる)さん

・ハクモクレン(3月下旬~4月上旬)
・しだれ桜(3月下旬~4月上旬)
・ボタン(4月下旬~5月上旬)

【主な行事】
・年中 尾道七佛めぐり
※金額は調査時のものです。詳細については各施設にお問合せください。

関連リンク

マップ

天寧寺〔曹洞宗〕のアルバム

拡大します

  • 天寧寺三重塔越しの尾道
  • 天寧寺三重塔の夜景
  • 本堂
  • 五百羅漢
  • 五百羅漢の下にある座禅道場
  • 早朝に座禅会が開催されています
  • 悪いところに触れると治してくれるといわれる賓頭盧さん
  • 3月下旬に咲くハクモクレン
  • しだれ桜も有名です
  • 「ボタン寺」としても知られています