尾道観光協会・会員様PR広告

おのなびPR全件表示 | PRについてのご案内はこちら(おのなび)

 
過去の閲覧画像一覧(1)
尾道の観光情報ならおのなびで!
ホーム >すべて >瀬戸のうたみち 17.長谷川桜南

No.671 瀬戸のうたみち 17.長谷川桜南

検索結果に戻る

baloon

前の画像へ 次の画像へ で類似画像をご覧になれます。
瀬戸のうたみち 17.長谷川桜南 ← →

撮影ポイント/ 座標:34.366575672325 , 133.207796216011

nowLoading

GoogleMapを見る

tri

No.671


瀬戸のうたみち 17.長谷川桜南

(せとのうたみち 17.はせがわおうなん)

撮影日2009-8-12
DL回数205
ファイル容量3.33MB
画像サイズ3000×1993 ピクセル(オリジナル高解像度)
撮影者尾道観光協会

リンク 関連リンクはこちら

遊橘村
「渓脈南に奔って路漸く低く 村家樹を隔てて午鶏啼く
看るに堪えたり墾闢に人力を盡くすを 一境の山芋畦ならざるはなし」
長谷川桜南(1829-1885)は広島県三原市出身、儒学者。明治維新後学制改革に取り組み私塾も創設しました。
この詩は向島・立花村を訪れた際、山の頂上まで開墾された段々畑に芋が植えてある風景を詠ったものです。この風景は昭和20年頃まで続いたそうです。 <

オリジナルもしくはサイズ指定して、「画像ダウンロード」ボタンを押して下さい。

オリジナル  サイズ指定(幅)  ピクセル

近いポイント/ 16箇所あります。

閲覧履歴

一覧を見る

ページ先頭へ戻る

無料写真素材・おのみちや

尾道観光協会・おのなび 運営:一般社団法人 尾道観光協会
〒722-0036 広島県尾道市東御所町1-20
JB本四高速尾道ビル1F
電話 0848-36-5495/FAX 0848-22-2201