おのなびPR全件表示 | おのなびPRについてのご案内はこちら

観光地・施設をキーワードで探す

ホーム > イベントカレンダー

イベントカレンダー
おのみち花暦

11月 2017年12月 1月
当日イベント

開催期間が1日の祭りやイベントです。この日限りの催し物です、ぜひお見逃しなく!
(イベントの名前・画像をクリックすると詳細ページがご覧になれます)

 
12月3日(日)
第5回因島ウォーキング大会【要事前申込】/因島アメニティ公園(スタート/ゴール)しまなみ・百島エリア(因島)
初冬の瀬戸内の風景や因島を代表するスィーツを堪能しながら因島をウォーキングしてみませんか?
気軽に楽しめる5㎞の初心者コース、ちょっと本格的な20㎞の上級者コースの2コースで開催されます。
Aコースではフリーアナウンサーとして活躍中の西田篤史さんがゲストで参加します。
第5回因島ウォーキング大会【要事前申込】
12月17日(日)
村上海賊の食文化創造/因島市民会館しまなみ・百島エリア(因島)
日本遺産に認定された「村上海賊」の魅力を食を通して発信をする催しです。
また、中四国地域の日本遺産PRブースを開設しておりますのでこの機会に日本遺産の魅力を感じてみてはいかがでしょうか。
村上海賊の食文化創造
12月28日(木)
ふれあい朝市 〆の市/尾道駅前緑地おのみちエリア(市街地)
毎週第1・第3日曜日に開催している「ふれあい朝市」今年最後の朝市です。
尾道で採れた野菜や魚介類などで年末の食卓をにぎわしてみませんか?
ふれあい朝市 〆の市
期間イベント

開催期間が期間にわたっての祭りやイベント情報です。
(イベントの名前・画像をクリックすると詳細ページがご覧になれます)

 
8月27日(日) ~ 12月3日(日)
日本画家・平山郁夫画伯がライフワークとして訪れていたシルクロードや世界遺産などの歴史遺産が描かれた作品を中心にご紹介します。
平山郁夫美術館「平山郁夫 歴史遺産を描く」
9月5日(火) ~ 12月3日(日)
圓鍔勝三彫刻美術館「圓鍔勝三旅展」/圓鍔勝三彫刻美術館(広島県尾道市御調町高尾220)おのみちエリア(御調)
文化勲章を受章した尾道市御調町出身の彫刻家 圓鍔勝三の特別展です。
9月16日(土) ~ 12月3日(日)
尾道芸術祭 十字路-ONOMICHI ART CROSSROADS-/アートベース百島、県営上屋3号、ガウディハウスなどしまなみ・百島エリア(百島)
尾道市内で活動する「ART BASE MOMOSHIMA」「AIR Onomichi」「尾道空き家再生プロジェクト」による3つのプロジェクトが交わり、過去と未来、伝統と創造が交差するアートによる十字路で、尾道の新たな魅力が創出されます。
尾道芸術祭 十字路-ONOMICHI ART CROSSROADS-
10月7日(土) ~ 2月18日(日)
なかた美術館コレクションを代表するフランスの画家 ポール・アイズピリの所蔵作品のほか、特別出展される初期から最晩年の作品も含め紹介します。
なかた美術館「開館20周年記念Ⅲ ポール・アイズピリ展 アトリエからの夢」
10月28日(土) ~ 12月10日(日)
菅原智子展 -まだ知らない風景-/MOU尾道市立大学美術館おのみちエリア(市街地)
本学の非常勤講師をしている菅原智子の作品展です。
菅原は、イタリアに拠点を置き、各国で展覧会を開催しています。油画・テンペラ・モザイク壁画など様々な技法を追求してきた約30年の創作の軌跡を紹介します。また、作品のみならず、作者自身が行う作品展示により生み出される空間も見どころの一つです。
菅原智子展 -まだ知らない風景-
11月1日(水) ~ 9月17日(月)
明治の灯台ラリーde 6(ラリードシックス)/大浜埼灯台(尾道)、高根島灯台(尾道)、中ノ鼻灯台(広島県大崎上島町)、男木島灯台(香川県高松市)、大下島灯台(愛媛県今治市)、釣島灯台(愛媛県松山市)全域エリア(全エリア)
明治時代に設置され、150年を迎える灯台。これを記念して灯台を巡るフォトラリーが開催されます。
瀬戸内の島々に点在する灯台6基のうち、2基以上を巡り写真を撮影しよう。尾道市内からは因島「大浜埼灯台」、高根島「高根島灯台」がチェックポイントになっています。
応募者全員に参加賞贈呈、また抽選で30名に記念品が贈呈されます。
明治の灯台ラリーde 6(ラリードシックス)
11月3日(金) ~ 1月14日(日)
尾道市の名誉市民で洋画家の小林和作。
水彩画を基にして描かれた油彩画は彼独自の制作スタイルとされています。
所蔵のコレクションから彼の代表的な作品のほか、その他の作家のコレクションもご紹介します。
平成29年度尾道市立美術館コレクション展Ⅱ 「尾道市名誉市民・小林和作を中心に」
11月4日(土) ~ 12月3日(日)
空き家再生物件として有名な通称「尾道ガウディハウス」を会場に、24年間で52か国を旅した渡邉義孝氏の記録をつづった27冊のノートを展示します。
併せて来春グランドオープン予定の「尾道ガウディハウス」再生プロセスをご紹介します。
再生の軌跡~渡邉義孝 旅のフィールドノート展 〔同時開催〕尾道ガウディハウス再生までのプロセス
11月18日(土) ~ 12月3日(日)
耕三寺博物館「紅葉まつり」/耕三寺博物館しまなみ・百島エリア(瀬戸田)
尾道の紅葉の名所・耕三寺博物館で紅葉狩りを楽しんでみませんか?
真っ赤な紅葉に染まる境内では、この時期しか公開されない「紅葉の小窓」の特別開放や紅葉を使ったしおり作り、写真コンテストなどが開催。
SNSでフォローすると入場料が割引になるサービスも行われます。
耕三寺博物館「紅葉まつり」
12月4日(月) ~ 3月20日(火)
平山郁夫画伯が生涯を通して描き続けたシルクロードと生まれ育った瀬戸内の風景。画伯のアイデンティティをはぐくんだそれらの風景をご覧ください。
平山郁夫美術館「平山郁夫の原点 瀬戸内とシルクロード」
12月23日(土) ~ 1月14日(日)
第9回高校生絵のまち尾道四季展/MOU尾道市立大学美術館おのみちエリア(市街地)
高校生の若く瑞々しい感性で尾道を描いてほしい。
そんな想いで、隔年開催を続ける「高校生絵のまち尾道四季展」(主催/高校生絵のまち尾道四季展実行委員会)。
今年度開催した「第9回高校生絵のまち尾道四季展」の尾道賞(最高賞)作品10点、秀作10点、入選130点が4会場で展示されます。
この内、当美術館では、今回の尾道賞(最高賞)作品10点、秀作10点、そして過去の尾道賞作品の中から15点が展示されます。
大きく伸びようとしている若き才能の芽吹きをご鑑賞ください。
第9回高校生絵のまち尾道四季展
おのたび
お買いもの
 

≪尾道をもっと楽しむ≫

≪サイクリング情報≫

≪イベント情報など≫

ピックアップ観光スポット

オススメ!★★★「兵どもが夢のあと」。日本遺産に認定された「村上海賊」の足跡を探しに出かけてみよう。

  • 因島公園
    〔しまなみ・百島エリア〕

    因島公園 因島の南に位置する天狗山(207m)一帯が公園となっています。春は1000本もの桜、秋は紅...
  • 美可崎城址
    〔しまなみ・百島エリア〕

    美可崎城址 三庄湾の南、地蔵鼻と呼ばれる岬の先端部に位置する場所にある城址です。 室町中期に因島村上...
  • 鳴滝山(瀬戸内海国立公園)
    〔尾道エリア〕

    鳴滝山(瀬戸内海国立公園) 尾道と三原の境に位置している、標高は402mの鳴滝山を中心とした一帯に散策道や展望台が整備...

尾道ファン!

ページ先頭へ戻る

一般社団法人尾道観光協会
◆事務局:〒722-0036 広島県尾道市東御所町1-20 JB本四高速尾道ビル1F 電話 0848-36-5495 FAX 0848-22-2201

尾道観光協会