おのなびPR全件表示 | おのなびPRについてのご案内はこちら

観光地・施設をキーワードで探す

ホーム > 尾道 > 尾道の歴史

尾道

尾道の歴史|

北前船の寄港地としての港町。「おのみち」
尾道ってどこ?どんな風土?

尾道の歴史を知れば、観光の幅もグッと広がります。港の歴史、お寺の歴史。
尾道にある太田貝塚があったとされる縄文時代(約5000年前)。
1169年に尾道が寄港地として認められて以来、800年超の歴史があるまちです。

尾道の歴史
&bsnp;
おのみちの歴史

中世より交通の要衝であった尾道は、1168年備後大田庄の年貢積み出しのために蔵屋敷が建てられ、 翌1169年には尾道が公認の港となりました。
1189年には年貢米の積み出し港として栄えはじめ、江戸時代には北海道~大阪を結ぶ大型船「北前船」の寄港も始まりました。
その繁栄ぶりは「北前船が寄港すると町がひっくり返るような賑わいを見せた」とも言われています。

その繁栄により、尾道には多くの富を蓄えるものたちが現れました。この者たちは豪商と呼ばれ、その財を惜しみなくお寺の建立や町の整備などに投資しました。 そのお寺や町並みは現在でも数多く残り、尾道らしい町並みを作り上げているのです。

詳しい歴史が知りたい場合は「おのみち歴史博物館」や「尾道商業会議所記念館」を訪れると勉強になりますよ。

おのみちの年表
           
尾道の出来事 日本での主なこと 世界の主なこと
           
616 浄土寺創建        
    645 大化の改新    
729 西國寺創建(~749)        
806 千光寺開基        
887 熊箇原八幡神社鎮座 887 仁和地震    
901 菅原道真、大宰府へ左遷の際尾道へ寄航。御袖天満宮の起こり。 901 菅原道真、右大臣から大宰権帥へ左遷    
        1096 第1回十字軍遠征
1166 平重衡の所領であった備後の大田、桑原郷の土地を白河院に寄進。        
1169 尾道港が公認の港となる。        
1186 大田庄を高野山の根本大塔領に寄進。大田庄の年貢米を尾道港経由で雑賀(和歌山)へ送る。尾道港開港の基点。 1185 平家滅亡    
1336 足利尊氏、建武中興の後、九州へ落ち再起をはかる。その途中浄土寺に参拝する。(吉和太鼓踊りの起源) 1336 足利尊氏、湊川の戦いに勝利    
    1338 足利尊氏、室町幕府を開く  
1339
 
百年戦争勃発
1363 遊行上人、尾道から伊予に廻国する。(西郷寺、常称寺の起源)        
1367 足利義詮が天寧寺海雲塔建立。        
1389 足利義満、厳島神社へ参拝の折尾道へ寄航。        
1395 足利義満、備後大田庄桑原郷6個郷地頭職及び尾道・倉敷を高野山西塔へ寄付。        
1432 向上寺三重塔建立。        
        1492 コロンブス、新大陸発見
        1543 コペルニクス、地動説を唱える
        1588 イギリス、無敵艦隊を破る
1592 尾道の大工・石工が広島へ移住し、尾道町を形成。 1592 豊臣秀吉、朝鮮出兵    
1597 朝鮮出兵の際、尾道の豪商、渋谷与右 衛門が海上輸送に携わる。 1597 豊臣秀吉、朝鮮出兵    
    1600 関ヶ原の戦い    
1601 福島検地により尾道を「尾道村」「尾道浦村」に位置づける。
大久保長安、石見銀山~尾道間に石見路を整備。産出された銀は石見路を通り、尾道から海路で大坂まで運ばれた。
 
1603
 
徳川幕府成立
石見銀山の産銀量ピーク
   
1619 尾道が浅野公の所領となる。 1619 浅野長晟、和歌山から広島へ移封。菱垣廻船始まる    
1633 西国街道の道幅を2間半とし、周防藩境より尾道まで一里塚ができる。      
1620
 
イギリスの清教徒、アメリカへ移住開始
1638 浅野検地により「尾道村」「尾道浦」より「尾道町」となる。 1635 参勤交代が始まる    
1672 北前船の尾道来航始まる。(第2期黄金時代の到来) 1671 河村瑞軒「西回り航路」の開拓に成功    
1740 平山角左衛門〔名誉市民〕、尾道の町奉行となり、住吉浜を埋め立て、係船用雁木の築造を始める。     1740 オーストリア継承戦争
1741 住吉浜の埋め立て完成。住吉神社を浄土寺より移す。        
        1760
1775
1789
イギリス、産業革命
アメリカ、独立戦争勃発
フランス革命
1807 尾道に悪病が流行する。
(「ベッチャーまつり」の起源)
       
1829 棋聖・本因坊秀策誕生
(~1862)〔名誉市民〕
       
1834 田能村竹田、来尾。豪商、橋本竹下宅に留寓。竹下、大飢饉の救済事業として慈観寺本堂再建。 1834 天保の大飢饉。大塩平八郎の乱    
1871 廃藩置県により備後の国は広島県に、尾道町は御調郡に属す。 1871 廃藩置県。    
1878 第六十六国立銀行創業(のちの広島銀行)     1877 エジソン、蓄音機発明
1888 洋画家・小林和作誕生
(~1974)〔名誉市民〕
1889 市制・町村制施行    
1894 三木半左衛門〔名誉市民〕、共楽園(後の千光寺公園)の開発に着手。 1894 日清戦争勃発    
1895 住友銀行尾道支店開設 1895 下関講和条約  
1896
 
第1回近代オリンピック開催
1898 尾道市制施行        
     
1904
 
日露戦争勃発
1903 ライト兄弟初飛行
1905 彫刻家・円鍔勝三誕生
(~2003)〔名誉市民〕
1905 日露戦争、ポーツマス条約締結    
1912 志賀直哉、尾道へ滞在 1912 大正天皇即位 1912 スコット、南極到達
        1914 第一次世界大戦勃発
1918 林芙美子、尾道へ移住 1918 米騒動    
 
1921
 
朝鮮仁川~尾道航路開設
 
1921
 
ワシントン軍縮会議
1920 国際連盟成立
1923 山口玄洞〔名誉市民〕の寄付により上水道起工。 1923 関東大震災    
1925 尾道鉄道開業        
1926 大田貝塚発見     1929 世界大恐慌
1930 日本画家・平山郁夫誕生
(~2009)〔名誉市民〕
    1930 ロンドン海軍軍縮会議
1935 第1回尾道みなと祭開催     1935 ドイツ、ヴェルサイユ条約を破棄
1936 耕三寺の建立が始まる 1936 二・二六事件勃発    
    1941 太平洋戦争勃発    
    1945 日本、無条件降伏 1945 第二次世界大戦終結
1953 浄土寺、本堂などが国宝に指定
小津安二郎監督映画「東京物語」公開
1953 テレビ放送開始    
1957 千光寺山ロープウェイ開通     1957 ソ連、世界初の人工衛星打ち上げ
1964 尾道鉄道廃止
NHK連続テレビ小説「うず潮」放映
    1957 ソ連、世界初の人工衛星打ち上げ
1965 文学のこみち完成 1965 日韓基本条約 1965 ベトナム戦争勃発
1968 尾道大橋開通 1968 川端康成、ノーベル文学賞受賞  
1969
 
アポロ11号月面着陸
1975 持光寺・絹本着色普賢延命像、国宝に指定 1975 山陽新幹線全線開通    
1982 大林宣彦監督映画「転校生」公開        
1983 因島大橋開通 1983 中国自動車道開通  
1986
 
チェルノブイリ原発事故
1988 新幹線・新尾道駅開業 1988 瀬戸大橋開通  
1990
1991
 
東西ドイツ統一
湾岸戦争 ソ連崩壊
1993 山陽自動車道尾道IC 供用開始 1993 法隆寺・姫路城などが世界遺産登録    
1999 西瀬戸自動車道(しまなみ海道)開通 1999 東海村JCO臨界事故 1999 ユーロ導入
2005 映画「男たちの大和/YAMATO」ロケセット公開
御調郡御調町・向島町を編入
2005 愛・地球博開催    
2006 因島市、豊田郡瀬戸田町を編入
しまなみ海道全通
2006 日本郵政発足    
2010 NHK連続テレビ小説「てっぱん」放映 2010 小惑星探査機はやぶさ地球に帰還 2010 上海国際博覧会開催
おのたび
お買いもの
 

≪尾道をもっと楽しむ≫

≪サイクリング情報≫

≪イベント情報など≫

ピックアップ観光スポット

オススメ!★★★「兵どもが夢のあと」。日本遺産に認定された「村上海賊」の足跡を探しに出かけてみよう。

  • 高見山(瀬戸内海国立公園)
    〔しまなみ・百島エリア〕

    高見山(瀬戸内海国立公園) 標高283m。国立公園に指定されています。名前の由来は、昔このあたりを支配していた「村上水...
  • 鳴滝山(瀬戸内海国立公園)
    〔尾道エリア〕

    鳴滝山(瀬戸内海国立公園) 尾道と三原の境に位置している、標高は402mの鳴滝山を中心とした一帯に散策道や展望台が整備...
  • 青影山(青陰城址)
    〔しまなみ・百島エリア〕

    青影山(青陰城址) この山は因島のほぼ中央、風呂山と龍王山に挟まれてそびえる標高275.7mの山です。 頂上...

尾道ファン!

ページ先頭へ戻る

一般社団法人尾道観光協会
◆事務局:〒722-0046 広島県尾道市長江一丁目3番3号 電話 0848-37-9736 FAX 0848-37-7525

尾道観光協会