お知らせ

新型コロナウイルスの影響により、掲載情報に変更が発生する可能性があります。ご利用の際は各施設のホームページなどで最新の情報をご確認いただきますようお願いします。

ホーム > イベントカレンダー

イベントカレンダー

Event Calendar おのみち花暦
6月 2022年7月 8月

当日イベント

開催期間が1日の祭りやイベントです。この日限りの催し物です、ぜひお見逃しなく!
(イベントの名前・画像をクリックすると詳細ページがご覧になれます)

  • 7月3日(日)
    • 因島

    大山神社の天神祭と夏越のお祓い神事です。
    今回は名物の「泣き相撲しまなみ場所」が復活、災いを退散させ、福を招くと信じられている赤ちゃんたちの泣き声で境内が盛り上がります。

    夏越天神祭・泣き相撲しまなみ場所
  • 7月3日(日)
    • 尾道

    サンセットビーチ海開き

    /瀬戸田サンセットビーチしまなみ・百島エリア(瀬戸田)

    神事、清掃活動、海洋スポーツ体験などが行われます。
    魚のつかみどりや綱引き中止されます。

    サンセットビーチ海開き
  • 7月18日(月)
    • 尾道

    第31回 せとだパリ祭~シャンソンの祭典~

    /ベル・カントホールしまなみ・百島エリア(瀬戸田)

    今年はゲストに鳳蘭さん、山本リンダさん、ROLLYさん他多くの歌手が出演します。
    音響ばつぐんのベルカントホールへ響く歌声をお楽しみください。

    第31回 せとだパリ祭~シャンソンの祭典~
  • 7月23日(土)
    • 尾道

    【開催中止】おのみち住吉花火まつり

    /住吉神社一帯おのみちエリア(市街地)

    尾道水道の夜空を約13,000発もの花火で彩る、尾道最大の花火祭りです。

    【開催中止】おのみち住吉花火まつり
  • 7月24日(日)
    • 尾道

    【神事のみ】岩子島厳島神社管弦祭

    /岩子島厳島神社・岩子島海水浴場跡しまなみ・百島エリア(向島)

    コロナ禍前は、松明を焚いた柴燈木船を先頭に、御神体を乗せた御座船などが雅楽の調べにのせ、瀬戸内海を優雅に旋回していた厳島神社管弦祭。
    今年は、御座船などの旋回はなく、拝殿で神主にご祈祷いただく神事のみ開催いたします。

  • 7月30日(土)
    • 因島
    • 尾道

    第43回土生商店街土曜夜店

    /土生商店街しまなみ・百島エリア(因島)

    因島の土生(はぶ)商店街一帯に昔ながらの屋台が立ち並び賑わいます。今回はゲストに「ピエロックさん」をお招きし操り人形を使った大道芸を披露いただきます。

    第43回土生商店街土曜夜店
  • 7月31日(日)
    • 尾道

    テレビ朝日で活躍中のお天気キャスター依田司さんと一緒に、地球や環境、未来のことを学びましょう。

    【申込締切 7/22】地球温暖化防止講演会「異常気象と地球温暖化~2050年の未来に向けて、私たちにできること~」

期間イベント

開催期間が期間にわたっての祭りやイベント情報です。
(イベントの名前・画像をクリックすると詳細ページがご覧になれます)

  • 5月30日(月) ~ 7月22日 (金)
    • 尾道

    平山郁夫画伯は少年時代に原子爆弾の惨状を目の当たりにし、自らも後遺症に苦しんだ被爆体験が世界遺産の保護活動の原点となりました。

    この展示では長野県上田市にある戦没画学生慰霊美術館「無言館」に収蔵され、広島・長崎で被爆ののち没した手島守之輔、伊藤守正の作品を展示します。

    平山郁夫美術館『「無言館」所蔵作品による〈ふたりの被爆画学生〉展‐手島守之輔・伊藤守正‐』
  • 6月18日(土) ~ 10月2日 (日)
    • 尾道

    なかた美術館コレクションを代表する二人の現代フランス画家ポール・とピエール・クリスタンの作品をご紹介します。二人の画業を振り返り、それぞれの作品から“⻘色”に込められた想いを見つけてください。

    なかた美術館「開館 25 周年記念なかた美術館コレクションⅡ Blue ―アイズピリとクリスタン―」
  • 7月1日(金) ~ 9月30日 (金)
    • 尾道

    福鈴(ふうりん)まつり

    /千光寺おのみちエリア(市街地)

    尾道水道を一望できる千光寺で、「福鈴まつり」が開催されます。暑さも和らぐ、涼やかな風鈴の音をお楽しみください。

    福鈴(ふうりん)まつり
  • 7月1日(金) ~ 7月31日 (日)
    • 尾道

    せとうち麺フェスタ2022

    /せとうち周辺全域エリア(全エリア)

    せとうち麺ラリー エントリー店を巡り、webスタンプを集めて景品をGETしよう!!

    せとうち麺フェスタ2022
  • 7月2日(土) ~ 9月4日 (日)
    • 尾道

    尾道市立美術館「40周年記念 ピングー展」

    /尾道市立美術館おのみちエリア(市街地)

    1980年にスイスで生まれた世界で一番みんなに愛されるペンギン「ピングー」。40周年を迎えたことを記念し、原作者オットマー・グットマン所縁の資料に加え、当時スタジオで使われたクレイ人形やジオラマ、絵コンテ、フイルムなど「ピングー」制作の貴重な資料約400点を一堂に展示します。

    尾道市立美術館「40周年記念 ピングー展」
  • 7月2日(土) ~ 7月30日 (土)
    • 尾道

    荒神堂路地祭が3年ぶりに帰ってきます!
    商店街から尾道商工会議所へと続く「荒神堂小路」沿線の飲食店のグルメやお酒などをお楽しみください。

    また子どもたちも楽しめるゲームやメダカすくい、ザリガニ釣りなども開催。
    浴衣で来場するとプレゼントももらえますよ。

    《一時開催中止》荒神堂路地祭【期間中の土曜日開催】
  • 7月15日(金) ~ 10月26日 (水)
    • 因島
    • 尾道

    中世に瀬戸内海一帯で活躍した村上海賊。その圧倒的な操船技術を生かした戦は歴史の舞台にもたびたび登場します。
    この企画展では貴重な資料を通しその「船戦」に焦点を当て紹介します。

    因島水軍城企画展「村上海賊の船戦」
  • 7月16日(土) ~ 8月21日 (日)
    • 因島
    • 尾道

    しまなみビーチ(海開き)

    /広島県尾道市因島大浜町しまなみ・百島エリア(因島)

    因島大橋のたもとにある海水浴場です。白い砂浜が続く穏やかな海でマリンレジャーをお楽しみください。

    しまなみビーチ(海開き)
  • 7月16日(土) ~ 8月28日 (日)
    • 尾道

    瀬戸田サンセットビーチ(海開き)

    /瀬戸田サンセットビーチしまなみ・百島エリア(瀬戸田)

    800mにもわたる白い砂浜と澄んだ青い海は中国地方でも屈指の海水浴場です。
    夕方には美しい夕景もお楽しみいただけます。

    瀬戸田サンセットビーチ(海開き)
  • 7月16日(土) ~ 8月14日 (日)
    • 尾道

    耕三寺博物館「夏蓮祭」

    /耕三寺博物館しまなみ・百島エリア(瀬戸田)

    蓮の花を観賞できる観蓮会をはじめ、百鬼夜行図帖にちなんだワークショップが開催されます。

    耕三寺博物館「夏蓮祭」
  • 7月16日(土) ~ 9月11日 (日)
    • 尾道

    耕三寺博物館「夏季企画展 百鬼夜行の世界」

    /耕三寺博物館 金剛館2F展示室しまなみ・百島エリア(瀬戸田)

    数百年にもわたり庶民に親しまれてきた鬼たち。そのユーモラスな姿を貴重な巻物などを通してお楽しみください。

    耕三寺博物館「夏季企画展 百鬼夜行の世界」
  • 7月17日(日) ~ 7月18日 (月)
    • 因島
    • 尾道

    SHIMANAMI Beach Fes22

    /因島しまなみビーチしまなみ・百島エリア(因島)

    因島のビーチを会場にウェイクボードのプロライダーによるデモンストレーションをはじめ、ダンスやDJパフォーマンス、TEEさんなどのライブも開催。
    この夏は因島でアツく盛り上がろう!

    SHIMANAMI Beach Fes22
  • 7月18日(月) ~ 8月21日 (日)
    • 尾道

    MOU尾道市立大学美術館『Curriculum-授業作品展-』

    /MOU尾道市立大学美術館おのみちエリア(市街地)

    尾道市立大学美術学科の教育課程(カリキュラム)の中で制作された作品を通
    じて、日本画・油画・デザインの各コースでの取り組みをご紹介するものです。

    MOU尾道市立大学美術館『Curriculum-授業作品展-』
  • 7月22日(金) ~ 7月25日 (月)
    • 尾道

    天神祭

    /御袖天満宮おのみちエリア(市街地)

    3日間にわたり繰り広げられる御袖天満宮の夏祭り。
    神輿が市内を巡行し、最終日には映画「転校生」のロケ地灯して知られる同社の55段の石段を、神輿が一気に駆け上がる「勇壮五十五段大神輿還幸の儀」が有名です。

  • 7月23日(土) ~ 9月16日 (金)
    • 尾道

    鳥や蛇等のさまざまな生き物を金属で表現する甲冑師・満田晴穂。昆虫への観察力と細密技巧によって生み出される「たまたま金属で生まれてきた命」と呼ばれている作品と、シルクロードを描いた平山郁夫の作品を紹介します。

    平山郁夫美術館『自在置物 満田晴穂 細密進化の旅』
おのたび
お買いもの
 

≪尾道をもっと楽しむ≫

≪サイクリング情報≫

≪イベント情報など≫

ピックアップ観光スポット

オススメ!★★★アウトドアで楽しめる尾道、巡ってみませんか?

尾道ファン!

投稿写真コーナー 投稿写真コーナー 旅の思い出をおのなびに残そう!
ページ先頭へ戻る

一般社団法人尾道観光協会
◆事務局:〒722-0036 広島県尾道市東御所町1-20 JB本四高速尾道ビル1F 電話 0848-36-5495 FAX 0848-22-2201

尾道観光協会