おのなびPR全件表示 | おのなびPRについてのご案内はこちら

観光地・施設をキーワードで探す

ホーム > 観る > 祭り・イベント

観る

祭り・イベント|(8月18日(西暦の偶数年))吉和太鼓踊り

印刷用ページ

(8月18日(西暦の偶数年))吉和太鼓踊り

尾道エリア
(市街地)
 

(8月18日(西暦の偶数年))吉和太鼓踊り

みどころ紹介

 
  • (8月18日(西暦の偶数年))吉和太鼓踊り

  • (8月18日(西暦の偶数年))吉和太鼓踊り

  • (8月18日(西暦の偶数年))吉和太鼓踊り

  • (8月18日(西暦の偶数年))吉和太鼓踊り

YouTube おのなび動画好評配信中!

概要 足利尊氏の戦勝の祝いとして始めたものが起源とされています。
市内を浄土寺まで尊氏の御座船をかたどった神輿と共に太鼓を打ち鳴らしながら踊り、浄土寺に踊りを奉納します。
《まつりの起源については「詳しく」参照》

 

基本データ

最終更新日:2019-05-18

 
住所・場所
広島県尾道市東久保町20-28
ホームページ
http://www.ermjp.com/o/yoshiwa/gallery/index.htm
営業時間
西暦遇数年の8月18日
8:30 吉和漁協 出発
9:15 尾道商工会議所前
9:30 尾道市役所
10:00 尾道漁協
11:00 浄土寺
アクセス
尾道市一帯、浄土寺
備考
【吉和太鼓踊りの起源】
建武3年(1336)、足利尊氏は関東から京都へ攻め入りましたが破れ、落ちのびる途中、尾道の浄土寺へたちより戦勝祈願をしました。
その後、吉和の漁師を船頭にし九州へ攻め入り、見事平定し再び京都へ向かい足利幕府を興しました。
そうして船頭を務め功労のあった吉和の漁師に漁業権などの特典を与えたため、戦勝を喜んだ吉和の漁師が踊りを行ったものがルーツとされています。
また吉和地区に厄病が蔓延した際、浄土寺の観音様に祈願したところたちまち病気が治ったので、お礼として旧暦の7月18日にこの踊りを奉納したとされています。

※ 後ろ向きに石段を上がるのは下から敵が攻めてこないよう見張る意味があるといわれています。

マップ

 
 

≪尾道をもっと楽しむ≫

≪サイクリング情報≫

≪イベント情報など≫

ピックアップ観光スポット

オススメ!★★★「兵どもが夢のあと」。日本遺産に認定された「村上海賊」の足跡を探しに出かけてみよう。

  • 因島公園
    〔しまなみ・百島エリア〕

    因島公園 因島の南に位置する天狗山(207m)一帯が公園となっています。春は1000本もの桜、秋は紅...
  • 美可崎城址
    〔しまなみ・百島エリア〕

    美可崎城址 三庄湾の南、地蔵鼻と呼ばれる岬の先端部に位置する場所にある城址です。 室町中期に因島村上...
  • 高見山(瀬戸内海国立公園)
    〔しまなみ・百島エリア〕

    高見山(瀬戸内海国立公園) 標高283m。国立公園に指定されています。 頂上の展望台からは眼下に因島大橋や瀬戸の島々...

尾道ファン!

ページ先頭へ戻る

一般社団法人尾道観光協会
◆事務局:〒722-0036 広島県尾道市東御所町1-20 JB本四高速尾道ビル1F 電話 0848-36-5495 FAX 0848-22-2201

尾道観光協会