お知らせ

新型コロナウイルスの影響により、掲載情報に変更が発生する可能性があります。ご利用の際は各施設のホームページなどで最新の情報をご確認いただきますようお願いします。

ホーム > 観る > 名所・史跡

観る

名所・史跡 |鳴滝山(瀬戸内海国立公園)

印刷用ページ

鳴滝山(瀬戸内海国立公園)

尾道エリア
(市街地)
 

鳴滝山(瀬戸内海国立公園)
展望台からの眺め

みどころ紹介

 
  • 鳴滝山(瀬戸内海国立公園)

    展望台からの眺め

  • 鳴滝山(瀬戸内海国立公園)

    展望台からの眺め

  • 鳴滝山(瀬戸内海国立公園)

    八注池

  • 鳴滝山(瀬戸内海国立公園)

    遊歩道

概要 尾道市と三原市の境に位置している展望地。
展望台からは尾道市内や向島、因島、生口島(瀬戸田)などの島々と、因島大橋を正面に眺めることができます。

八注池を起点に一周約30分の遊歩道は、瀬戸内海の展望の他に、秋には植林されたもみじを楽しむことができます。展望台をはじめ、ベンチなどの休憩所やトイレもあり、遊歩道はよく整備されています。
また、展望台脇のパラグライダーのフライト広場もあり、空をのんびり舞うパラグライダーの姿を見ることもできます。
標高402mの鳴滝山山頂は展望も無く、遊歩道を外れた獣道を進むので注意が必要です。


八注池から三原市にある鉢ヶ峰(429m)までの登山道は、そのほとんどが瀬戸内海国立公園の展望地に指定されています。鉢ヶ峰山頂は国立公園の指定からは外れていますが、開けていて展望が良いです。地元の山岳会が立てた標識があり、道迷いは少ないです。樹林帯のアップダウンが続く道の途中では、所々で景観を楽しむことができます。登山者が少ないため、落ち葉が道を隠している所やトラバース道など足場が細い道もあり、初心者は注意が必要です。
(八注池~鉢ヶ峰 往復約7km 行動時間約3h40m)

三原駅までの縦走ルート(鉢ヶ峰~太平山~米田山~象山)は「みはらし連山」と呼ばれ、瀬戸内海の多島美を楽しめます。他にも、鉢ヶ峰から赤石に抜けるルートがあり、途中に観音堂や太子堂があります。赤石から三原駅に出るには、鞆鉄バス福地線が利用可能です。

 

基本データ

最終更新日:2020-05-08

 
住所・場所
広島県尾道市吉和町
電話番号
尾道市観光課 0848‐38‐9184
利用料金
無料
駐車場
八注池無料駐車場 普通車20台
アクセス
■お車
・山陽自動車道「尾道IC」下車。国道184号線、尾道バイパス経由「吉和IC」下車。約10分。
・尾道市内より車で約20分。
■バス
・尾道駅前(2番)おのみちバス東西本線(西行)→鳴滝山登山口(約15分) 徒歩80分 約5km
 バイパス2号線の高架下をくぐると案内標識あり、八注池までは民家の間を進みます。
 ※福地地区防砂提工事の為、一部通行不可
備考
【主な見所】
・遊歩道
・登山道(鳴滝山~鉢ヶ峰)
    (鳴滝山~鉢ヶ峰~太平山~米田山~象山)
・展望台
・パラグライダーフライト広場(有資格者のみ利用可)
・八注池
・熊野神社〔応永9年(1402年)鎮座〕
・西光寺旧跡〔嘉暦3年(1328年)創建、応永30年(1423年)焼失〕
・小林和作 写生地

トイレ:八注池公衆トイレ
※金額は調査時のものです。詳細については各施設にお問合せください。

関連リンク

 

マップ

 
 
アルバム写真
鳴滝山(瀬戸内海国立公園) のアルバム
 
  • パノラマ
  • 瀬戸内海が見渡せます
  • パラグライダーフライト広場
  • 八注池とベンチ
  • 東屋と紅葉
  • 鳴滝山 公園案内図
  • 熊野神社
  • 瀬戸内の島々
  • 登山道分岐点ベンチ
  • 登山道からの展望
  • 八注池公衆トイレ
  • 登山道にあるお地蔵さん

≪尾道をもっと楽しむ≫

≪サイクリング情報≫

≪イベント情報など≫

ピックアップ観光スポット

オススメ!★★★この夏はアウトドアで尾道を楽しんでみませんか?

尾道ファン!

投稿写真コーナー 投稿写真コーナー 旅の思い出をおのなびに残そう!
ページ先頭へ戻る

一般社団法人尾道観光協会
◆事務局:〒722-0036 広島県尾道市東御所町1-20 JB本四高速尾道ビル1F 電話 0848-36-5495 FAX 0848-22-2201

尾道観光協会