おのなびPR全件表示 | おのなびPRについてのご案内はこちら

観光地・施設をキーワードで探す

ホーム > 観る > 名所・史跡

観る

名所・史跡 |美可崎城址

印刷用ページ

美可崎城址

しまなみエリア
(因島)
 

美可崎城址
城址

みどころ紹介

 
  • 美可崎城址

    城址へ続く道

  • 美可崎城址

    少し山道を登ります

  • 美可崎城址

    看板

  • 美可崎城址

    城址からの眺め

概要 三庄湾の南、地蔵鼻と呼ばれる岬の先端部に位置する場所にある城址です。
室町中期に因島村上水軍がここに築城し、沖合を行く船から通行料を徴収する拠点としていました。
現在では因島八十八か所の金剛福寺や東屋が建てられており、そこから水軍たちが見ていたであろう瀬戸の風景を楽しむことができます。

 

基本データ

最終更新日:2013-11-06

 
住所・場所
広島県尾道市因島三庄町
電話番号
尾道市因島総合支所しまおこし課
0845-26-6212
利用料金
無料
駐車場
無料駐車場あり(普通車約10台)
アクセス
【本州方面より】しまなみ海道「因島北IC」より車で約15分
【四国方面より】しまなみ海道「因島南IC」より車で約15分
・駐車場より徒歩約3分
注意:大型車進入不可
備考
案内板の説明:

『「美可崎(土岐)城」
三庄湾の南を扼する標高56.7mの三ヶ崎の先端部に位置し、海の関所として古くからあり、宝亀2年(771)安芸国に中征府を設け、中部瀬戸内海を守る海関がおかれた。
郭は最高所を中心に南から北へ二段の削平地があり、その二つを包むように南から東へ帯郭がのびている。岬の南側にある入江を「船隠し」と云う。
城の築かれたのは、室町中期と思われ因島村上氏の将南彦四郎泰統が備後灘を行く船から、帆別銭、駄別銭などの通行税を徴収する奉行として、金山亦兵衛康時を城代としておいていた。
城の北端にある地蔵岩は、城に関係する伝説を伝えている。」

関連リンク

 

マップ

大きいマップで見る

 
NowLoading...

 
アルバム写真
美可崎城址 のアルバム
 

≪尾道をもっと楽しむ≫

≪サイクリング情報≫

≪イベント情報など≫

ピックアップ観光スポット

オススメ!★★★「兵どもが夢のあと」。日本遺産に認定された「村上海賊」の足跡を探しに出かけてみよう。

  • 高見山(瀬戸内海国立公園)
    〔しまなみ・百島エリア〕

    高見山(瀬戸内海国立公園) 標高283m。国立公園に指定されています。名前の由来は、昔このあたりを支配していた「村上水...
  • 光明寺〔浄土宗〕
    〔尾道エリア〕

    光明寺〔浄土宗〕 承和年中(834〜847)、慈覚大師円仁和尚の草創といわれている、京都東山の浄土宗西山禅林...
  • 因島水軍城
    〔しまなみ・百島エリア〕

    因島水軍城 日本遺産に認定された「村上海賊(村上水軍)」の貴重な資料を展示した、日本で唯一の水軍城。 ...

尾道ファン!

ページ先頭へ戻る

一般社団法人尾道観光協会
◆事務局:〒722-0046 広島県尾道市長江一丁目3番3号 電話 0848-37-9736 FAX 0848-37-7525

尾道観光協会