尾道観光協会・会員様PR広告

おのなびPR全件表示 | PRについてのご案内はこちら(おのなび)

 
過去の閲覧画像一覧(1)
尾道の観光情報ならおのなびで!
ホーム >すべて >文学のこみち 8.志賀直哉

No.592 文学のこみち 8.志賀直哉

検索結果に戻る

baloon

前の画像へ 次の画像へ で類似画像をご覧になれます。
文学のこみち 8.志賀直哉 ← →

撮影ポイント/ 座標:34.410608510808 , 133.198397755623

nowLoading

GoogleMapを見る

tri

No.592


文学のこみち 8.志賀直哉

(ぶんがくのこみち 08.しがなおや)

撮影日2009-8-18
DL回数166
ファイル容量2.63MB
画像サイズ3000×1992 ピクセル(オリジナル高解像度)
撮影者尾道観光協会

リンク 関連リンクはこちら

『暗夜行路』
「六時になると上の千光寺で刻の鐘をつく。ごーんとなると直ぐゴーンと反響が一つ、又一つ、又一つ、それが遠くから帰ってくる。
その頃から昼間は向島の山と山との間に一寸頭を見せている百貫島の燈台が光り出す。それがピカリと光って又消える。
造船所の銅を溶かしたような火が水に映り出す。」
宮城県石巻市生まれ。大正元年秋〜2年中頃まで千光寺山の中腹に居を構えていました(現志賀直哉旧居)。大正10年より12年まで大作「暗夜行路」を発表。この碑は尾道の名誉市民、小林和作画伯が筆を執ったものです。 <

オリジナルもしくはサイズ指定して、「画像ダウンロード」ボタンを押して下さい。

オリジナル  サイズ指定(幅)  ピクセル

近いポイント/ 571箇所あります。

閲覧履歴

一覧を見る

ページ先頭へ戻る

無料写真素材・おのみちや

尾道観光協会・おのなび 運営:一般社団法人 尾道観光協会
〒722-0036 広島県尾道市東御所町1-20
JB本四高速尾道ビル1F
電話 0848-36-5495/FAX 0848-22-2201