尾道観光協会・会員様PR広告

おのなびPR全件表示 | PRについてのご案内はこちら(おのなび)

 
過去の閲覧画像一覧(1)
尾道の観光情報ならおのなびで!
ホーム >すべて >文学のこみち 23.菅茶山

No.607 文学のこみち 23.菅茶山

検索結果に戻る

baloon

前の画像へ 次の画像へ で類似画像をご覧になれます。
文学のこみち 23.菅茶山 ← →

撮影ポイント/ 座標:34.4098406496343 , 133.197416067123

nowLoading

GoogleMapを見る

tri

No.607


文学のこみち 23.菅茶山

(ぶんがくのこみち 23.かんちゃざん)

撮影日2009-4-
DL回数260
ファイル容量2.00MB
画像サイズ2048×1536 ピクセル(オリジナル高解像度)
撮影者尾道観光協会

リンク 関連リンクはこちら

「鳴榔漸く遠く夕日沈む 水波始めて恬にして山影深し 山は皆珍松奇石を雑う 人は龍鱗を撫で虎額を躡む 此の岩鼕々と踏めば聲あり」
広島県福山市神辺町生まれ、江戸時代後期の儒学者で漢詩人。私塾「黄葉夕陽村舎(後の廉塾)」を開き貧富と差別のない社会を創ろうとしました。門人には歴史学者として名高い頼山陽がいます。
この詩は寛政5年、46歳のときに鼓岩に登った際の長誌の一節です。 <

オリジナルもしくはサイズ指定して、「画像ダウンロード」ボタンを押して下さい。

オリジナル  サイズ指定(幅)  ピクセル

近いポイント/ 488箇所あります。

閲覧履歴

一覧を見る

ページ先頭へ戻る

無料写真素材・おのみちや

尾道観光協会・おのなび 運営:一般社団法人 尾道観光協会
〒722-0036 広島県尾道市東御所町1-20
JB本四高速尾道ビル1F
電話 0848-36-5495/FAX 0848-22-2201